ぽっこりお腹と骨盤のゆがみ

下腹部のぽっこり感が気になっている方は多いのではないでしょうか。

少ししか食べていないのにすぐにお腹が出てしまったり、ダイエットをして痩せてもお腹の部分だけが落ちにくいなどの原因は骨盤がゆがんでいるからなのです。

骨格的にぽっこりとしているお腹の部分は腰骨や骨盤の周辺になります。

骨盤の中には内臓などが納まっていますがゆがみがあることで内臓が圧迫されてしまうのです。そのため内臓の機能が低下してしまいます。

また女性の骨盤の中には卵巣や子宮が納まっています。
この部分が圧迫される事で様々な不調が起きてしまうのです。
重い生理痛を整体で改善していく方法

そして骨盤には腸も納まっていますので便秘の原因にもなりかねません。
便秘や肌荒れの原因の一つに骨盤のゆがみが関係

このように骨盤がゆがむことによって様々な不調が出てしまいます。

沖縄ぽっこりお腹

下腹部がぽっこりとしている姿勢は見た目も良くありません
実はこのような姿勢はご自分で取ってしまっている事が多いのです。

骨盤にゆがみが定着してしまっているため無意識にこのような姿勢になってしまっています。

常にお腹を出してしまう姿勢をとっていると、本来あるべき姿勢ではないのでお腹周りの代謝が落ちてしまいます。

骨盤にゆがみがあると使うべきはずの筋肉が使われにくい状態になってしまっているためお腹周りの代謝が良くない状態なのです。
骨盤を正しい状態に戻すだけでもお腹周りの見え方は変わります。

そして骨格が本来の状態になると徐々に代謝が良くなっていきますのでぽっこりしたお腹は改善されていきます。


関連記事