出産後の肩こりを改善する方法

出産後には赤ちゃんを抱っこしたり授乳をするようになります。
産まれたての赤ちゃんはとても繊細なため、しっかりと支えておかなくては心配ですね。

そのためお母さんは無理な姿勢をとってしまいがちです。

アンバランスな姿勢をとっていると肩こりや首のこり、腱鞘炎、腰痛などの不調が出てきてしまいます。
長時間の抱っこや授乳姿勢をとっていると肩や首が緊張してしまうのです。

そのため、授乳時にはなるべく母体に負担のかかりにくい姿勢で授乳をする事をおすすめします。

お母さんの姿勢が前のめりにならないように、抱えている赤ちゃんのお尻の下にクッションや枕を置いて赤ちゃんが少し高い位置になるようにしてみてください。
バスタオルを折り曲げたり重ねたりして高さを調整するのも良いと思います。

前のめりになって背中を丸めてしまうと、背中や首、腰に負担がかかってしまうのです。

本来の背骨は緩やかなS字のカーブを描いている状態なのです。
正しい姿勢と背骨の構造
授乳時にも腰と背中が丸くならないように意識してみてください。

また出産後間もない時期はまだ骨盤が安定していない時期ですので座り方にも注意が必要です。
横座りなどで足を崩して座ると股関節や恥骨が痛くなる可能性がありますので気を付けましょう。

産後1ヶ月後からは産後の骨盤矯正も可能な時期になりますので骨盤や姿勢のチェックをしてお身体のケアをおこなっていくと良いと思います。


関連記事