正しい姿勢と背骨の構造

身体のゆがみを正しい状態に整えることは大切です。

整体には身体に負担のかからないように正しい姿勢に調整する目的があります。

では正しい姿勢とはどのような姿勢のことを指すのでしょうか?

骨格から理解して正しい姿勢を意識することができるようになりましょう。

人間本来の骨格を意識

人間の中心には背骨がありますが、背骨を正面から見た場合に左右にゆがみがなく真っ直ぐになっているのが正しい姿勢とは理解しやすいのではないでしょうか。

では次に横から見た背骨の状態を考えてみましょう。

沖縄正しい姿勢

横から見た場合は正面から見た場合とは違って真っ直ぐではないのです。

正しい姿勢とはピーンとした背筋だと思われていた方も多いのではないでしょうか?

横から見た背骨はSの字のように曲がっている

実は正面から見た場合は真っ直ぐなのですが、横から見た場合はゆるやかな曲がりがあるのが正常なのです。

背中の部分は多少丸まっている状態になっています。一見猫背の様に思えますが少しの丸みがあるのが正常なのです。

そして反対に腰の部分は反っている状態が正常です。

背中が丸まって腰が反っている状態になっていますので、背骨がアルファベットの『S』のようになっています。

正しい姿勢はS字を意識する

このような正しい背骨の状態を『S字のカーブ』と表現しています。

正しい姿勢を取るためにはS字の背骨を意識しておく必要があるのです。

実はピーンと背筋を張るよりも、S字のカーブを作る方が難しいかもしれません。

整体は正しい姿勢を取りやすくする

このように正しい姿勢を取りやすくするように骨格や背骨を整えていくのが整体の効果の一つなのです。

ご自分の感覚では分かりづらい部分を意識していけるようにアドバイスをしていく事も大切になります。

ゆがんでしまっているとS字のカーブを取りにくい状態になっているはずです。

整体では身体をゆがませてしまっている原因を改善していき、正しい姿勢をとれるように根本から体質改善をしていきます。