産後になりやすい腰痛の原因と対策

出産後のお母さんのお身体はまだ本調子ではありません。
そのような時になりやすいのが腰痛です。

産後の腰痛の原因は赤ちゃんを抱っこをする時に、お身体の重心のバランスが崩れてしまい腰に負担をかけてしまう事が考えられます。
通常の状態であればそれほど腰に負担がかからないはずなのですが、ご出産後すぐにはお身体がまだ完全に回復していない状態のため負担がかかり過ぎるのです。

しかし、赤ちゃんを抱っこする事も大切ですし日常生活もしなくてはなりません。
そのため少しでも腰にかかる負担を軽減して腰痛を回避する必要があります。

ご出産後すぐには骨盤がまだ安定していない状態ですので専用のベルトで補助する事も大切です。

お身体が安定していない時に一部分に負担がかかり過ぎるのは良くありません。
そのため赤ちゃんを抱っこする時や立つ時に毎回どちらかに偏る立ち方をするのではなく出来る限り意識して偏りすぎるのを改善してみてください。

そして産後の腰痛を予防するためには、きちんとした産後の骨盤ケアをすることも大切です。
産後の骨盤ケアは腰痛の改善の他にも産後太りの予防代謝の改善などの効果もあります。


産後太りの解消方法と注意点

出産後にはしばらくの間はなるべく無理をしないで過ごすようにしてください。
「以前の体型に戻さいないと!!」と産後太りを解消しようと焦るかもしれませんが頑張る時期を間違ってしまうと、お身体に負担をかけてしまう事にもなってしまいます。

産後1ヶ月は安静にして過ごすようにし、そして徐々に体型を戻すようにしていくと良いです。
出産後の1ヶ月間は体力を回復する事を第一に考え無理な運動は控えるようにしてください。
産後ダイエットのタイミング

妊娠中はお腹が大きくなるにつれてお身体を動かせる範囲も減っていったと思います。
それに伴い筋肉量が減り基礎代謝量が低くなります。

基礎代謝量が低くなるとカロリーを消費しにくい状態になってしまいます。
出産後のお身体は妊娠前のお身体の状態に比べて基礎代謝量が下がっているのです。
そのため少しずつ基礎代謝量を上げていく必要があります。

この時に避けた方が良いのは食事制限等の摂取カロリーを減らすようなダイエット方法です。
一見摂取カロリーを減らすダイエットが良さそうに思えますが、この時期は基礎代謝量を元に戻す事の方が重要なのです。
今の状態よりも代謝を落としてしまうと今度は太りやすく痩せにくい体質になってしまう可能性がありますので気を付けてください。

さすがに食べ過ぎは良くありませんが偏食をしないで適度に食べる事が大切です。

その上で適度なエクササイズや産後の骨盤矯正なども合わせて産後太りの解消をしていく必要があります。


出産後の体型を前の身体に戻す

出産後になかなか体型が戻らない原因の一つに骨盤のゆがみがあります。

出産時には赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤は広がります。
そして出産後には人間に元々備わっている自然治癒力で骨盤はある程度までは戻るものなのです。

骨盤が戻ると体型も出産前の状態に戻りそうですが、体型がなかなか戻らなくなる場合があります。
それは骨盤がゆがんだ状態になってしまってしまっている事が考えられます。

骨盤にゆがみがあると代謝の良くない状態になりがちです。
重心のバランスがずれてしまうと腰や足にも負担がかかりやすくなります。
そして今度は腰や足の負担を補おうと他の部分が頑張ってしまい肩こりなどの症状が出てきやすくなります。

そのような身体の不調の引き金となっている出産後の骨盤やお身体の状態を本来の状態に戻すのが産後の骨盤矯正の整体です。

ではなぜ骨盤にゆがみが出てしまうのでしょうか?

ご出産された後には子育てのために赤ちゃんを抱っこしたり、あやしたりすると思います。
日々赤ちゃんはすくすくと成長しあっと言う間に体重が増えていきます。

抱っこする時にも頑張って抱えている事が多くなってくるのではないでしょうか?
そうするとバランスを取るために骨盤にゆがみが出てくるのです。

実は骨盤だけではなく全身にゆがみが出ます。

これは子育てをするためには避けて通れない事です。
そのために産後の骨盤ケアをしていく事が必要なのです。
産後の骨盤ケアとともに適度な運動や適切な食事を取る事で徐々に体型が変化していきます。

お子様連れでのご来店でも対応させていただいておりますのでお気軽にご利用ください。
子供や赤ちゃんを連れて整体


出産後に骨盤をしめる本当の理由

『出産後に骨盤をしめましょう』とよく耳にしますね。
そのままにしているといつまでも骨盤が開いていそうですが、実際の骨盤はどうなっているのでしょうか?

実は骨盤と言いましても「骨盤」という一つの骨ではなく数個の骨が集まった部分の事を言っています。

沖縄骨盤をしめる

背骨の腰のすぐ下の部分に一つの仙骨(せんこつ)があります。
仙骨の両サイドには寛骨(かんこつ)があり、それがぐるっと囲っている感じになっています。
この寛骨も腸骨(ちょうこつ)・坐骨(ざこつ)・恥骨(ちこつ)が互いに癒合した骨になります。
そして骨盤の前面を繋いでいる部分を恥骨結合と呼びます。

妊娠した時にはリラキシンと呼ばれる女性ホルモンが出はじめます。
このリラキシンは関節を強く支えている靭帯を緩める働きがあるのです。
リラキシンが恥骨結合を緩めて赤ちゃんが産道を通りやすくする役割をするのですね。

約2500~3500gの赤ちゃんが産道を通るために骨盤を緩めて出て来やすい状態を作るのです。

そして出産後には本来持っている自然治癒力がありますので、ある程度までは骨盤は戻るものなのです。

産後の骨盤矯正とは出産で開いた骨盤を元の状態に戻す手助けをする整体になります。

また出産後にすぐ動き回ったり無理な体制を続けたりすると骨盤のバランスが崩れてゆがみが生じてしまいます。
妊娠中には体重が増加してお腹が大きくなりますのでお身体の重心の位置が変わります。
そのため腰部分の背骨のカーブがきつくなってしまうのです。

出産後にはこの反り過ぎの状態を本来の背骨の状態に戻さないと腰痛を引き起こす可能性があります。
また股関節の部分にも痛みが出る事もあります。
産後になりやすい腰痛の原因と対策

骨盤の状態が妊娠前の状態に戻らずにバランスの悪い状態が続くと、骨盤まわりの血行が悪くなってしまいます。
血行がどどこおってしまうと脂肪の燃焼もうまく行かないようになってしまうのです。

そのために下腹部が出たまま、体型が戻らない、太りやすくなったという症状が出てくるのです。
出産後の体型を出産前の状態に戻す方法

また、尿漏れや頭痛、肩こり、不眠症などを感じる方もいらっしゃいますので、このような症状にならないようにするためにも産後の骨盤ケアには気を付けましょう。

産後の骨盤矯正のタイミングは出産後1か月後から行っております。
出産時に出るホルモンの関係上しばらく関節が緩い状態になっていますので、その時は安静に過ごして体調を回復するのに費やしてみてください。

産後の骨盤矯正はその方のお身体の状態に合わせた整体を行う必要があります。
お子様を連れてのご来店でも大丈夫ですのでお気軽にご利用ください。