出産後の肩こりを改善する方法

出産後には赤ちゃんを抱っこしたり授乳をするようになります。
産まれたての赤ちゃんはとても繊細なため、しっかりと支えておかなくては心配ですね。

そのためお母さんは無理な姿勢をとってしまいがちです。

アンバランスな姿勢をとっていると肩こりや首のこり、腱鞘炎、腰痛などの不調が出てきてしまいます。
長時間の抱っこや授乳姿勢をとっていると肩や首が緊張してしまうのです。

そのため、授乳時にはなるべく母体に負担のかかりにくい姿勢で授乳をする事をおすすめします。

お母さんの姿勢が前のめりにならないように、抱えている赤ちゃんのお尻の下にクッションや枕を置いて赤ちゃんが少し高い位置になるようにしてみてください。
バスタオルを折り曲げたり重ねたりして高さを調整するのも良いと思います。

前のめりになって背中を丸めてしまうと、背中や首、腰に負担がかかってしまうのです。

本来の背骨は緩やかなS字のカーブを描いている状態なのです。
正しい姿勢と背骨の構造
授乳時にも腰と背中が丸くならないように意識してみてください。

また出産後間もない時期はまだ骨盤が安定していない時期ですので座り方にも注意が必要です。
横座りなどで足を崩して座ると股関節や恥骨が痛くなる可能性がありますので気を付けましょう。

産後1ヶ月後からは産後の骨盤矯正も可能な時期になりますので骨盤や姿勢のチェックをしてお身体のケアをおこなっていくと良いと思います。


産後ダイエットのタイミング

ご出産後にダイエットを始めるタイミングは重要です。
まだお身体が回復していない時期に頑張るのは母体に負担がかかってしまいます。

産後のダイエットは、1ヶ月検診で問題がなければ徐々におこなっていくと良いです。
それまでは骨盤がまだ安定していないという意識を持って無理な運動は控えてください。

産後のダイエットは適度な運動と偏りすぎない食事をとることが大切になります。
産後太りの解消方法と注意点

運動といいましても最初のうちは散歩のような軽い運動からおこなって徐々に慣らしていく必要があります。

また、ダイエットだけではなく子育てや家事をおこないながらになりますので肉体的にも精神的にも疲れやすい時期になります。
そのため頑張り過ぎずにたまには息抜きをしながらおこなっていくのが良いです。

そして産後の骨盤矯正をする事も必要になります。

産後の骨盤矯正は骨盤を本来の状態に戻し代謝の良いお身体状態にするだけではなく、ストレスを解消する効果があります。

お身体のバランスを整えるだけではなく自律神経にも働きかける作用があるのです。
肉体的にも精神的にもリラックス状態になりますのでストレスの溜まりやすい時期には必要なケアになります。

お身体をいたわりながらできる限りストレスを軽減して子育てをしていくことはとても大切なことです。
子供や赤ちゃんを連れて整体


子供や赤ちゃんを連れて整体

産後の骨盤矯正をしたくても子供を見てくれる所がなくて、行きたくても行けないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
夢音整体では子連れや赤ちゃんを連れてご来店していただいても整体を受けられます

出産後には授乳や抱っこを頻繁にするため肩や背中がこりやすい状態になっています。
そして重心が傾むいてしまいますので足にゆがみやむくみが出やすくなるのです。
産後には腰痛や股関節の痛みを感じている方もいらっしゃいます。
産後になりやすい腰痛の原因と対策

また出産時にはホルモンバランスも変化しますので精神的に不安定になりやすい時期です。
整体の作用として自律神経にも働きかけますのでリラックス状態になります。
産後のお身体を整える事はゆがみやストレスを軽減する効果があるのです。

出産後には骨盤まわりの不調だけではなく、育児面では体力的にも精神的にもとても疲れやすくなっているものです。

お身体をいたわりストレスを出来る限り軽減しながら常に笑顔で子育てをしていくのが理想的ですよね。

『子供を連れて行って泣いてしまったらどうしよう?』
などのご心配があるかと思います。
そのため夢音では完全予約制になっております。
基本的に他のお客様とかぶらないようにしておりますのでお子様連れでも安心してご利用ください。


出産後に骨盤をしめる本当の理由

『出産後に骨盤をしめましょう』とよく耳にしますね。
そのままにしているといつまでも骨盤が開いていそうですが、実際の骨盤はどうなっているのでしょうか?

実は骨盤と言いましても「骨盤」という一つの骨ではなく数個の骨が集まった部分の事を言っています。

沖縄骨盤をしめる

背骨の腰のすぐ下の部分に一つの仙骨(せんこつ)があります。
仙骨の両サイドには寛骨(かんこつ)があり、それがぐるっと囲っている感じになっています。
この寛骨も腸骨(ちょうこつ)・坐骨(ざこつ)・恥骨(ちこつ)が互いに癒合した骨になります。
そして骨盤の前面を繋いでいる部分を恥骨結合と呼びます。

妊娠した時にはリラキシンと呼ばれる女性ホルモンが出はじめます。
このリラキシンは関節を強く支えている靭帯を緩める働きがあるのです。
リラキシンが恥骨結合を緩めて赤ちゃんが産道を通りやすくする役割をするのですね。

約2500~3500gの赤ちゃんが産道を通るために骨盤を緩めて出て来やすい状態を作るのです。

そして出産後には本来持っている自然治癒力がありますので、ある程度までは骨盤は戻るものなのです。

産後の骨盤矯正とは出産で開いた骨盤を元の状態に戻す手助けをする整体になります。

また出産後にすぐ動き回ったり無理な体制を続けたりすると骨盤のバランスが崩れてゆがみが生じてしまいます。
妊娠中には体重が増加してお腹が大きくなりますのでお身体の重心の位置が変わります。
そのため腰部分の背骨のカーブがきつくなってしまうのです。

出産後にはこの反り過ぎの状態を本来の背骨の状態に戻さないと腰痛を引き起こす可能性があります。
また股関節の部分にも痛みが出る事もあります。
産後になりやすい腰痛の原因と対策

骨盤の状態が妊娠前の状態に戻らずにバランスの悪い状態が続くと、骨盤まわりの血行が悪くなってしまいます。
血行がどどこおってしまうと脂肪の燃焼もうまく行かないようになってしまうのです。

そのために下腹部が出たまま、体型が戻らない、太りやすくなったという症状が出てくるのです。
出産後の体型を出産前の状態に戻す方法

また、尿漏れや頭痛、肩こり、不眠症などを感じる方もいらっしゃいますので、このような症状にならないようにするためにも産後の骨盤ケアには気を付けましょう。

産後の骨盤矯正のタイミングは出産後1か月後から行っております。
出産時に出るホルモンの関係上しばらく関節が緩い状態になっていますので、その時は安静に過ごして体調を回復するのに費やしてみてください。

産後の骨盤矯正はその方のお身体の状態に合わせた整体を行う必要があります。
お子様を連れてのご来店でも大丈夫ですのでお気軽にご利用ください。