骨をボキッとする目的

カイロプラクティックや整体というと骨をボキッとするイメージがあるのではないでしょうか?

このボキッという音に怖い印象があるかもしれませんね。

指をボキッと音を鳴らすのと同じような原理ではあるのですが、これは何のためにおこなうのでしょうか。

骨を鳴らす効果

実はボキッとすることで身体には優れた効果が期待できます。

骨と骨の間が関節といわれる部分です。

この関節がボキッと鳴ります。

関節を繋いでいるのが筋肉の役目なのですが筋肉が凝ってかたくなってしまうと関節の動きが鈍くなってしまいます。

関節をボキッとすることで関節の動く範囲が本来の状態に改善するのです。

身体は神経伝達で動いていますが心地良さを感じる時と痛みを感じる時とで神経伝達のスピードが異なります。

この作用を利用しボキッとすることで痛みを軽減することが可能なのです。

自分の腰などでボキッとした後にスッキリした経験はないでしょうか?

そのようにすることで身体の動く範囲が広がり違和感が消えるのです。

しかし難しい技術なので他人におこなうことは簡単にはできません。

実は関節をねじれば誰にでも簡単に音を出すことができます。

関節のまわりには細かい筋肉に加え、神経や血管、靭帯など繊細な物がついています。

骨の構造や、加減を知らないと怪我の元になってしまいますので注意が必要です。

そのため長年カイロプラクティックや整体に携わっていても緊張する技術なのです。

私の経験上このボキッとする技術は経験豊富な人が上手に行えます。

そのくらい同じプロでも差の出る技術です。

ボキッと骨を鳴らすのは最後の調整段階

しかし、ボキッとするだけでは簡単には身体は良くなりません。
慢性的な肩こりや腰痛を整体で解消する方法

筋肉を十分にほぐし、こりかたまってしまっている部分を改善した上でボキッとすることで筋肉に対するアプローチと関節に対するアプローチで相乗効果が発揮されるのです。

このボキッとする技術は必ず必要か?といわれたら実際はそんなことはありません。

お客様の身体に取って一番適した整体をおこなっていくことが一番大切なのです。

そのため、抵抗感があったり怖い場合は無理におこなう必要はないのです。

ボキッとする他にも関節にアプローチをする方法はありますので怖い方は遠慮せずにおっしゃっていただくことが一番の改善に近づきます。