出産後の肩こりを改善する方法

出産後には赤ちゃんを抱っこしたり授乳をするようになります。

産まれたての赤ちゃんはとても繊細なため、しっかりと支えておかなくては心配です。

そのためお母さんは無理な姿勢をとってしまいがちです。

歪んだ姿勢を続けることが肩こりの原因

アンバランスな姿勢をとっていると肩こりや首のこり、腱鞘炎、腰痛などの不調が出てきてしまいます。

長時間の抱っこや授乳姿勢をとっていると肩や首が緊張してしまうのです。

そのため、授乳時にはなるべく母体に負担のかかりにくい姿勢で授乳をすることをおすすめします。

身体に負担の少ない授乳姿勢

授乳時はお母さんの姿勢が前のめりにならないように、抱えている赤ちゃんのお尻の下にクッションや枕を置いて赤ちゃんが少し高い位置になるようにしてみてください。

バスタオルを折り曲げたり重ねたりして高さを調整するのも良いです。

前のめりになって背中を丸めてしまうと、背中や首・腰に負担がかかってしまいます。

本来の背骨は緩やかなS字のカーブを描いている状態です。
正しい姿勢と背骨の構造
授乳時にも腰と背中が丸くならないように意識してみてください。

また出産後間もない時期はまだ骨盤が安定していない時期ですので座り方にも注意が必要です。

横座りなどで足を崩して座ると股関節や恥骨が痛くなる可能性がありますので気を付けましょう。

産後1ヶ月後からは産後の骨盤矯正も可能な時期になりますので骨盤や姿勢のチェックをしてお身体のケアをおこなっていくと良いと思います。

産後ダイエットのタイミング

出産後にダイエットを始めるタイミングは重要です。

まだ身体が回復していない時期に頑張るのは母体に負担がかかってしまいます。

産後ダイエットは一か月後から

産後のダイエットは、1ヶ月検診で問題がなければ徐々におこなっていくと良いです。

それまでは骨盤がまだ安定していないという意識を持って無理な運動は控えてください。

産後のダイエットは適度な運動と偏りすぎない食事をとることが大切になります。
産後太りの解消方法と注意点

運動といいましても最初のうちは散歩のような軽い運動からおこなって徐々に慣らしていく必要があります。

また、ダイエットだけではなく子育てや家事をおこないながらになりますので肉体的にも精神的にも疲れやすい時期になります。

そのため頑張り過ぎずにたまには息抜きをしながらおこなっていくのが良いです。

そして産後の骨盤矯正をすることも必要になります。

産後の骨盤矯正はストレス解消の効果も

産後の骨盤矯正は骨盤を本来の状態に戻し代謝の良いお身体状態にするだけではなく、ストレスを解消する効果があります。

お身体のバランスを整えるだけではなく自律神経にも働きかける作用があるのです。

肉体的にも精神的にもリラックス状態になりますのでストレスの溜まりやすい時期には必要なケアになります。

身体をいたわりながらできる限りストレスを軽減して子育てをしていくことはとても大切なことです。
子供や赤ちゃんを連れて整体

産後になりやすい腰痛の原因と対策

出産後のお母さんの身体はまだ本調子ではありません。

そのような時になりやすいのが腰痛です。

産後の腰痛の原因

産後の腰痛の原因は赤ちゃんを抱っこをする時に身体の重心のバランスが崩れてしまい腰に負担をかけてしまうことが考えられます。

通常の状態であればそれほど腰に負担がかからないはずなのですが出産後すぐには身体がまだ完全に回復していない状態のため負担がかかり過ぎるのです。

赤ちゃんを抱っこすることも大切ですし日常生活もしなくてはなりません。

そのため少しでも腰にかかる負担を軽減して腰痛を回避する必要があります。

産後すぐは骨盤は不安定

出産後すぐには骨盤がまだ安定していない状態ですので専用のベルトで補助することも大切です。

身体が安定していない時に一部分に負担がかかり過ぎるのは良くありません。

そのため赤ちゃんを抱っこする時や立つ時に毎回どちらかに偏る立ち方をするのではなくできる限り意識して偏りすぎるのを改善してみてください。

そして産後の腰痛を予防するためにはきちんとした産後の骨盤ケアをすることも大切です。

産後の骨盤ケアは腰痛の改善の他にも産後太りの予防代謝の改善などの効果もあります。

産後太りの解消方法と注意点

出産後にはしばらくの間はなるべく無理をしないで過ごすようにしてください。

「以前の体型に戻さいないと!!」と産後太りを解消しようと焦るかもしれませんが頑張る時期を間違ってしまうと身体に負担をかけてしまうことにもなってしまいます。

産後太りの対策は産後1か月後から

産後1ヶ月は安静にして過ごすようにし、そして徐々に体型を戻すようにしていくと良いです。

出産後の1ヶ月間は体力を回復することを第一に考え無理な運動は控えるようにしてください。
産後ダイエットのタイミング

出産後は基礎代謝量が低下

妊娠中はお腹が大きくなるにつれて身体を動かせる範囲も減っていったと思います。

それに伴い筋肉量が減り基礎代謝量が低くなります。

基礎代謝量が低くなるとカロリーを消費しにくい状態になってしまいます。

出産後の身体は妊娠前の身体の状態に比べて基礎代謝量が下がっているのです。

そのため少しずつ基礎代謝量を上げていく必要があります。

危険な食事制限ダイエット

この時に避けた方が良いのは食事制限等の摂取カロリーを減らすようなダイエット方法です。

一見摂取カロリーを減らすダイエットが良さそうに思えますが、この時期は基礎代謝量を元に戻すことの方が重要なのです。

今の状態よりも代謝を落としてしまうと今度は太りやすく痩せにくい体質になってしまう可能性がありますので気を付けてください。

さすがに食べ過ぎは良くありませんが偏食をしないで適度に食べることが大切です。

その上で適度なエクササイズや産後の骨盤矯正なども合わせて産後太りの解消をしていく必要があります。

子供や赤ちゃんを連れて整体

産後の骨盤矯正をしたくても子供を見てくれる所がなくて、行きたくても行けないと悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

子連れや赤ちゃんを連れてご来店していただいても整体を受けられます

肩こりや背中が痛くなりやすい産後の身体

出産後には授乳や抱っこを頻繁にするため肩や背中がこりやすい状態になっています。

そして重心が傾むいてしまいますので足にゆがみやむくみが出やすくなるのです。

産後には腰痛や股関節の痛みを感じている方もいらっしゃいます。
産後になりやすい腰痛の原因と対策

産後の骨盤矯正はリラックス効果も

出産時にはホルモンバランスも変化しますので精神的に不安定になりやすい時期です。

整体の作用として自律神経にも働きかけますのでリラックス状態になります。

産後の身体を整えることはゆがみやストレスを軽減する効果があるのです。

出産後には骨盤まわりの不調だけではなく、育児面では体力的にも精神的にもとても疲れやすくなっているものです。

身体をいたわりストレスを出来る限り軽減しながら常に笑顔で子育てをしていくのが理想的ですよね。

『子供を連れて行って泣いてしまったらどうしよう?』

などのご心配があるかと思います。

そのため完全予約制になっております。

基本的に他のお客様とかぶらないようにしておりますのでお子様連れでも安心してご利用ください。