O脚が原因で起きる不調と改善方法

O脚の状態は見た目だけではなく身体にかかる負担も考える必要があります。

脚が内側に捻じれてしまい定着しているのがO脚といわれる状態です。

O脚が原因で身体に様々な不調が出やすくなります。

O脚と身体の不調

O脚の方に多い症状として血流がうまく循環しなくることが原因で冷えやむくみやすい状態になります。
足の冷え性やむくみとO脚の関係

また脚の捻じれると骨盤を前の方にゆがませてしまいます。

ゆがみが続いてしまうと脚の付け根に痛みを感じてしまうこともあるのです。

このような状態を解消していくためには、脚のゆがみを整えていく必要があります。

O脚が骨盤や姿勢をゆがませてしまうので血管も圧迫されやすく冷えやむくみなどの不調になりやすいのです。

骨盤を本来の位置に戻しO脚を改善

そのため骨盤や骨格を正しい状態に調整した上でO脚矯正をおこなうと不調などの症状が改善されていきます。

そして本来ならば意識しなくても使えているはずの筋肉が、骨格のゆがみによりあまり使えていない状態になっています。

正しく筋肉が使えるように普段から意識していただくエクササイズも合わせていくと改善していきます。

またO脚は本来の状態よりも関節にかかる負担が大きくなってしまいます。

関節にかかる負担が大きくなってしまうと変形性の関節症になりやすくなりますので気を付けたいところです。