痛いと自覚する場所と根本原因が異なります

どこかを痛めた時にその部分ばかり揉んだり叩いたりしてもなかなか痛みが取れないことがあるのではないでしょうか?

例えば腰が痛くなった時に腰をトントンと叩いたりすると思います。

それでもなかなか痛みが取れないことはありませんか?

違和感を感じる部分を叩いても改善しない訳

確かに腰の筋肉も痛みを感じて緊張をしているので、叩くことで多少は改善されるかもしれませんが完全に痛みが消えるのではなく不安感が残ってしまう状態になります。

実は痛くなってしまった根本原因が違う場所にあるので不安感が残ってしまうのです。

整体では痛みを発している場所と根本原因が違う場所にあって他の場所が痛くなる状態を『痛みを飛ばす』という表現をします。

例えば腰痛の場合に本当の不調部分が、腰に痛みを感じさせている(痛みを飛ばしている)という状態。
慢性的な肩こりや腰痛を整体で解消する方法

そのために痛いと感じている部分だけを叩いたり、揉んだりしてもスッキリしない状態になるのです。

痛みの出どころを見つけて改善する

痛みを発している根本原因を整体で改善して、筋肉や骨格を整えていくことで不安感が解消されていきます。

特に腰痛や頭痛の根本原因は違う所にあることが多いです。

慢性的な腰痛や頭痛持ちの方は常に不安感があると思いますが、本当に改善するべき部分を調整していくことで根本原因から悩みを解決していくことは可能です。