出産後に骨盤をしめる本当の理由

『出産後に骨盤をしめましょう』とよく耳にしますね。

そのままにしているといつまでも骨盤が開いていそうですが、実際の骨盤はどうなっているのでしょうか?

実は骨盤と言いましても「骨盤」という一つの骨ではなく数個の骨が集まった部分のことを言っています。

骨盤の構造

沖縄産後の骨盤矯正

背骨の腰のすぐ下の部分に一つの仙骨(せんこつ)があります。

仙骨の両サイドには寛骨(かんこつ)があり、それがぐるっと囲っている感じになっています。

この寛骨も腸骨(ちょうこつ)・坐骨(ざこつ)・恥骨(ちこつ)が互いに癒合した骨になります。

そして骨盤の前面を繋いでいる部分を恥骨結合と呼びます。

骨盤がゆるむのは出産の時

出産時にはリラキシンと呼ばれる女性ホルモンが出はじめます。

このリラキシンは関節を強く支えている靭帯を緩める働きがあるのです。

リラキシンが恥骨結合を緩めて赤ちゃんが産道を通りやすくする役割をするのですね。

約2500~3500gの赤ちゃんが産道を通るために骨盤を緩めて出てきやすい状態を作るのです。

骨盤は自然に戻るが歪んだ状態になりやすい

そして出産後には本来持っている自然治癒力がありますので、ある程度までは骨盤は戻るものなのです。

産後の骨盤矯正とは出産で開いた骨盤を元の状態に戻す手助けをする整体になります。

また出産後にすぐ動き回ったり無理な体制を続けたりすると骨盤のバランスが崩れてゆがみが生じてしまいます。

妊娠中には体重が増加してお腹が大きくなりますので身体の重心の位置が変わります。

そのため腰部分の背骨のカーブがきつくなってしまうのです。

出産後にはこの反り過ぎの状態を本来の背骨の状態に戻さないと腰痛を引き起こす可能性があります。

また股関節の部分にも痛みが出ることもあります。
産後になりやすい腰痛の原因と対策

骨盤の状態が妊娠前の状態に戻らずにバランスの悪い状態が続くと、骨盤まわりの血行が悪くなってしまいます。

骨盤が歪んだ状態では代謝が落ちる

血行がどどこおってしまうと脂肪の燃焼もうまく行かないようになってしまうのです。

そのために下腹部が出たまま、体型が戻らない、太りやすくなったという症状が出てくるのです。
出産後の体型を出産前の状態に戻す方法

尿漏れや頭痛、肩こり、不眠症などを感じる方もいらっしゃいますので、このような症状にならないようにするためにも産後の骨盤ケアには気を付けましょう。

産後の骨盤矯正のタイミングは出産後1か月後からおこなっております。

出産時に出るホルモンの関係上しばらく関節が緩い状態になっていますので、その時は安静に過ごして体調を回復するのに費やしてみてください。

産後の骨盤矯正はその方の身体の状態に合わせた整体を行う必要があります。

お子様を連れてのご来店でも大丈夫ですのでお気軽にご利用ください。